美容ダイエット

肌荒れを食べ物で改善する方法は?効果的な栄養素まとめ【産後肌荒れ対策】

肌荒れを食べ物(食事)で改善する方法は?美肌に効果的な栄養素まとめ

ニキビ、吹き出物、乾燥肌などの肌荒れ対策として、肌にあったスキンケアを選ぶことももちろん大切ですが、美肌を目指すためには体の内側から改善することも大切になります。

 

肌荒れを治すためによく「バランスの良い食事が大切です」と言われますが、「具体的にはどのような食べ物を食べたら良いの?」と疑問に思っている方もおられると思います。

 

そこで今回は、「肌荒れの原因」「肌荒れ対策におすすめの栄養素」「その栄養素を含む食品」について詳しくまとめました。

 

肌荒れの原因

肌荒れには次のような原因があります。

  • 「血行不良」
  • 「代謝不良」

これらの原因に対しては、「食事」が肌荒れ改善策として大切になります。

バランスが偏ったお食事を続け必要な栄養が不足すると、血行不良、代謝不良となり、肌荒れが起こりやすくなります。

 

肌荒れ対策に効果的な栄養素とその栄養素を含む食材のまとめ

ここからは、肌荒れ対策に効果的な栄養素を詳しくみていきましょう。

また、肌荒れ対策に効果的な栄養素を含む食材についても具体的にまとめました。

ビタミン

ビタミンとは、カラダの機能や維持に必要不可欠な栄養素のことです。

 

ビタミンは体内では合成できなかったり、合成できても微量であるため食事から摂取する必要があります。

肌に良いとされているビタミンには

  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • ビタミンA

があります。



ビタミンB2

三大栄養素「炭水化物」「たんぱく質」「脂質」の代謝に関わるのがビタミンB2です。

ビタミンB2は、皮膚の新陳代謝を促進する働きがあります。

 

ビタミンB2を多く含む食材には

  • レバー
  • 納豆
  • チーズ
  • うなぎ
  • さば

などがあります。

ビタミンB6

ビタミンB6は、たんぱく質の分解や合成に関与し、皮膚を健康に保つ働きがあります。

 

ビタミンB6を多く含む食材には

  • 鶏肉
  • レバー
  • マグロ
  • カツオ
  • さば
  • にんにく
  • ピスタチオ
  • くるみ

などがあります。

ビタミンC

ビタミンCは、コラーゲンの生成に必要な栄養素で、肌のハリを保ちます。

 

さらに抗酸化作用もあり、メラニン色素の沈着を防ぐ働きもあります。

 

ビタミンCを多く含む食材には

  • ビーマン、ブロッコリーなどの野菜類
  • レモン、キウイフルーツ、いちごなどの果物
  • じゃがいも、さつまいもなどのイモ類

などがあります。

 

ビタミンC は熱に弱いのですが、イモ類に含まれるビタミンC はデンプンによって保護されているので調理による損失が少ないという特徴があります。

 

ビタミンE

ビタミンE は、血行をよくし、肌の新陳代謝を促進します。

さらにビタミンC同様、抗酸化作用があります。

 

ビタミンEを多く含む食材には

  • アーモンド、ピーナッツなどのナッツ類
  • カボチャ
  • 赤ピーマン
  • うなぎ
  • サンマ
  • いくら

などがあります。

ビタミンA

ビタミンAは、皮膚にある細胞の形成に必要で、皮膚の健康維持に大切な栄養素です。

 

ビタミンAを多く含む食材には

  • レバー
  • うなぎ
  • あなご
  • 人参
  • モロヘイヤ
  • 焼海苔

などがあります。

プロテオグリカン、アスタキサンチン、マルチビタミン他16種の美容成分配合【マスターホワイト】

鉄分

鉄は、酸素を全身に供給するために必要な栄養素です。

鉄分をとることで、血流を改善し、くすみやクマを防ぐ働きが期待できます。

 

鉄分を多く含む食材には

  • レバー
  • 牛肉の赤身
  • あさり
  • 小松菜
  • 青のり
  • 納豆

などがあります。

たんぱく質

たんぱく質といえば「筋肉の材料」というイメージがありますよね。

 

たんぱく質の役割は筋肉の材料になるだけではありません。

 

肌をはじめカラダの様々な材料となる大切な栄養素です!

肌の材料となるたんぱく質が不足すると、肌が乾燥しやすくなります。

 

たんぱく質を多く含む食材には
  • 大豆製品(納豆、豆腐、きな粉、豆乳、蒸し大豆等)
  • 牛乳 乳製品(チーズ、ヨーグルト)

などがあります。

伝えたいこの感動!大人気のサプリ

食物繊維

便秘は、ニキビや吹き出物などの原因となります。

食物繊維はお通じ改善効果があります。

 

食物繊維を多く含む食材には

  • ごぼうなどの野菜
  • ひじきなどの海藻
  • きのこ
  • 押し麦、玄米などの穀類

などがあります。



 まとめ

産後は子育てで忙しく、パン、おにぎり、うどんなど簡単な炭水化物中心の食事になるママも多いと思います。

私がそうでした。

 

このような偏った食事では、たんぱく質、ビタミン、食物繊維などが不足し、肌荒れを引き起こす原因になりかねません。

 

健康的にきれいになるためにも、炭水化物に偏ったお食事ではなく、ご紹介した食材を日々の食事メニューを考える際の参考にしてみてください。

 

例えば、うどんに乾燥わかめ、卵を具材として追加できると、たんぱく質、食物繊維を簡単に補うことができますね。

 

私が産後食事バランスを整えるために実践したのは、野菜がたくさん入ったお味噌汁やスープを夕食時多めに作っておくことです。

多めに作ったお味噌汁やスープを次の日の朝や昼食に食べるようにしました♪

 

カラダは食べたものから作られています。

食事を見直して、カラダの中から健康的に美しい肌を目指しましょう。