子育て・家庭学習

【2020年】人気小学生向け通信教育♪無料お試し&資料請求!家庭学習におすすめ

小学生通信教育教材 人気 一覧 まとめ 

小学校入学、進級のタイミングで、家庭学習できる通信教育をはじめたいと考えている方も多いと思います。

またコロナウイルスの影響で、学校、塾へ通うことができず、家庭学習の必要性が増していますね!

せっかく家庭学習ができる通信教育を始めるなら「子どもが興味を持たなかった」「思っていた内容ではなかった」と後悔しないようにしたいですよね!

そこで今回は、無料資料請求、お試し可能な小学生におすすめの人気通信教育教材をまとめました。

実際に通信教育を始める前に無料お試し&資料請求をし、一度子供と一緒に取り組み子供にあっているか確かめてみるのも良いですね。

幼児通信教育 家庭学習 人気 無料 資料請求 一覧 まとめ
【2020年版】無料お試し♪人気幼児向け通信教育の料金、対象年齢比較!入園前、入学前に 3歳になる私の子供にそろそろ「楽しく勉強をする習慣をつけるために幼児期から利用できる通信教育をはじめたい」と思い、詳しく情報を集めてま...

人気小学生向け通信教育一覧!無料お試し&資料請求まとめ【家庭学習】

CMや雑誌、口コミ等で人気の小学生向け通信教育教材をまとめてみました。

  • Z会小学生コース
  • 進研ゼミ小学講座
  • まなびwith
  • スマイルゼミ
  • 小学生ポピー

調べると上記の通信教育が人気のようです。

人気小学生向け通信教育のそれぞれの特徴

人気の小学生向け通信教育の特徴をまとめました。

Z会小学生コース



Z会の通信教育小学生向けコースは、2020年オリコン顧客満足度調査「小学生向け通信教育」において満足度第1位を獲得しています。

Z会は難関大学合格者も利用していることで有名な通信教育ですね。

ていねいな添削指導で、通信教育であってもひとりひとりの子供に合わせた指導をしてくれる点が、Z会の特徴です。

また、Z会が力を入れているのは「考える力」をはぐくむこと。

楽しく学びながら学習習慣が身につくような教材になっています。

基礎の把握はもちろん、考える必要がある発展的な内容まで段階的に学習できます。

またZ会には「中学受験生向けコース」「テキストで学ぶ」「タブレットで学ぶ」などコースを選択することが可能です。



進研ゼミ小学講座



進研ゼミ小学講座は、学校の教科書にあった学習が可能です。

また記述内容に応じて、考え方のポイントを「赤ペン先生」が個別に指導してくれるのも市販のドリルと違う点。

さらに苦手を解消するために、間違えた問題を中心に、個々の理解度に応じて問題を出題してくれます。

課題提出でたまるポイントを集めてプレゼントと交換が可能♪

子供のやる気を引き出してくれます。

進研ゼミでは紙に書く学習重視「チャレンジ」と タブレット中心で学ぶ「チャレンジタッチ」があります。

【進研ゼミ小学講座】

小学館 まなびwith



小学館の通信教育が「なまびwith」。

通信教育は塾とは違い、自分から進んで学習する必要があります。

「子どもが学習せず、教材が溜まってしまうのでは・・・」という親の悩みを解決するために学習を楽しく続けられる仕掛け「ナゾトキ学習」を採用しています。

「勉強は苦手。。。」という子供でも「ナゾトキ」で楽しみながら勉強に取り組むキッカケを作ってくれます。

子供に人気名探偵コナンが教材に♪

子供に楽しいと思ってもらう工夫がされています!



スマイルゼミ



スマイルゼミはジャストシステムが提案する小学生向けタブレット型通信学習です。

約20年前から教育現場で向き合ってきたノウハウがあり、タブレットで本当に子どもが理解できる学習法は何がベストなのか、それを突き詰めたのが、「スマイルゼミ」です。

スマイルゼミは学習に必要なすべてを「専用タブレット」1台で完結。

スマイルゼミは新学習指導要領に対応しています。

英語の教科化プログラミング学習など今必要な学習をサポートしてくれます。



小学ポピー



全国の学校で使用されているドリルや問題集等の学習教材を作っている新学社の通信教育「小学ポピー」。

教科書に沿った教材なので、授業の内容がわかりやすく、テストの点数アップに繋がります。

また小学ポピーの特徴は価格の安さ

学習に必要な教材をシンプルに!

余分な付録がなく、その分費用も抑えて続けやすい価格であるのも嬉しい点です。



まとめ

2020年、教育の変化の時代を迎えます。

暗記の勉強だけでなく、「なぜ」「どうしたらよいか」自分で考える力がますます必要とされています。

「時代にあった学習ができるか」「子どもが自ら取り組みたいと思えるか」等を資料請求し確かめたいと思います。