子育て学習

葉酸とは?妊活中妊娠前から推奨される理由は?葉酸サプリは必要?

葉酸とは 葉酸サプリ 必要 妊活

「葉酸」という栄養素、聞いたことがある方も多いと思います。

葉酸とは、水溶性のビタミンB群の一種。

妊娠中だけでなく、妊活中、妊娠前から「葉酸をとったほうが良い!」と耳にしますよね!

厚生労働省では、妊娠を希望している女性は葉酸を摂取するように推奨されています。

なぜ、妊娠前から葉酸を摂ることが推奨されているのでしょうか?

この記事では、下記の内容について詳しくまとめました。

  • 葉酸とは
  • なぜ妊活中、妊娠前から葉酸を摂ることが推奨されているの?
  • 葉酸サプリは必要?
  • 人気の葉酸サプリ「ベルタ」とは?

葉酸とは

葉酸とは、水溶性のビタミンB群の一種です。

ほうれん草から発見されたビタミンで、野菜に多く含まれています。

食品中にも含まれている葉酸ですが、体内利用率が低く利用率は50%ほどしかないとも言われています。

また葉酸は、光や熱に弱く、酸化しやすい成分で、保存中や調理中にも損失されやすいという特徴があります。

妊娠前(妊活中)から葉酸が推奨されている理由

葉酸には「DNAの合成促進」「発育促進」「赤血球の合成」などの働きがあると言われています。

葉酸は遺伝情報をもつDNAの合成に関与し、細胞の新生に重要な働きをします。

妊娠初期は胎児の細胞分裂が盛んな時期で、脳や脊髄のもととになる神経管が形成されます。

この時期の葉酸をしっかり摂ることが重要とされています。

妊娠初期は胎児の細胞増殖が盛んであり、神経管の形成期であるため、この時期に葉酸摂取が不足すると胎児の神経管閉鎖障害の発症リスクが高まることが明らかにされています。

厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト「e-ヘルスネット」

上記のような理由より、日本では2000年に厚生労働省から、妊娠の可能性がある年齢の女性等に対する葉酸摂取に関する通知が出されています。

また妊娠初期は妊娠していることに気づかないこともあるので、妊娠を考えているときから、意識して摂りたい栄養であります。

なぜ葉酸サプリが推奨されている?必要なの?

神経管閉鎖障害のリスク低減のために、食事からの葉酸だけでなくサプリメントなど栄養補助食品から摂取することも推奨されています。

それには理由があります。

葉酸は小腸でモノグルタミン酸として吸収されます。

食品中の葉酸の多くはポリグルタミン酸型として存在しています。

食品中に含まれているポリグルタミン酸型の葉酸は利用率が低いとされています。

また水溶性ビタミンであるため調理中に損失しやすい栄養素でもあります。

例えば、人気の葉酸サプリメント「ベルタ」に使用される葉酸は「モノグルタミン酸型の酵母葉酸」が使用されています。

一般的な食品中の葉酸とは体内での吸収率が異なり、体内にとどまる時間が長いことが特徴で、葉酸を効率よく摂取することができます。

ベルタの詳細はこちら

まとめ

もちろん食品中の葉酸は効果がないわけではありませんが、食品中の葉酸の体内利用率や調理中や保存中の損失を考慮する必要があります。

したがって、食事からの葉酸に加えてサプリメントなどの栄養補助食品等からも葉酸を摂取するように推奨されています。

また、産婦人科医にも推奨されている人気のベルタのような葉酸サプリは、妊娠前から摂りたい葉酸だけでなく、鉄分、カルシウム、ビタミン、ミネラルも入っています。

初回66%OFF♪ベルタ公式ホームベージ

私の場合、つわりがひどくバランスの良い食事が思うようにとれず、お守り代わりに毎日飲んでいました。