子育て・家庭学習

こどもが大好き!ジュースに入っている砂糖の量は? こどもが摂取しても良い砂糖の目安量は?

こどもが大好き!ジュースに入っている砂糖の量は? こどもが摂取しても良い砂糖の目安量は?




喉が渇いた時に、ごくごく飲んでしまいがちなジュース。

甘くて美味しいジュース(清涼飲料水)はお子さんも大好きですよね!

ですが、ジュースには砂糖がたくさん含まれています!

砂糖の摂りすぎは、虫歯になるだけではなく、健康や成長にも影響を及ぼします。

今回は、みなさんがよく飲んでいるジュースのエネルギーを砂糖量で示しました!

こども(幼児)が摂取しても良い砂糖類の目安量も参考にしていただければと思います!



◆スマイルゼミ◆タブレットで学ぶ通信教育 【幼児コース】

ジュースに入っている砂糖量は?

ジュースにどのくらいの砂糖が入っているか、イメージしやすくするためにステックシュガーの本数で示しました。

(ステックシュガー1本は砂糖3gです)

0本 お茶 コップ1杯(200ml)
3本 野菜ジュース コップ1杯(200ml)
4本 乳酸菌(ヤクルト) 1本(65ml)
7本 ヨーグルトドリンクタイプ 1パック (125ml)
8本 みかんジュース濃縮還元 コップ1杯(200ml)
8本 スポーツ飲料 ペットボトル1本(500ml)
9本 りんごジュース濃縮還元 コップ1杯(200ml)
9本 乳酸菌飲料(カルピス) コップ1杯(200ml)
12.5本 炭酸飲料(サイダー) 1缶(350ml)
13.5本 ヨーグルトドリンク コップ1杯(200ml)
14本 炭酸飲料(コーラ) 1缶(350ml)

<参考>厚生労働省 標準的な検診・保健指導プログラム



手軽に飲むことができるジュースには、たくさんの砂糖が入っていることがわかりますね!

子ども(幼児)が摂取しても良い砂糖類の目安量

こどもが摂取しても良い砂糖量、とても気になりますよね!

WHO(世界保健機関)は、慢性疾患、肥満や虫歯を予防するために、砂糖などの糖類を一日に摂取するカロリーの「5%未満」に抑えるべきとする指針を発表しています。

従来は砂糖など糖類は10%までと推奨されていましたが、基準が引き下げられました!

幼児期の1日のエネルギー必要量から、砂糖の摂取量を計算すると下記のようになります。

  • 1〜2歳 12〜13g以下(ステックシュガー 4本まで)
  • 3〜5歳 15〜18g以下(ステックシュガー 5〜6本まで)

※平均的な成人では25g程度です



ジュースをコップ1杯飲むと、すぐに超えてしまう量ですね!

また、砂糖は甘いお菓子やジュースだけに含まれているのではありません!

砂糖はもちろん、ケチャップ、ソースなどの調味料を使ったお料理にも砂糖が使われています!

ですので、お菓子やジュースなどからの砂糖の摂取量は、できる限り控えられると良いですね。

喉が乾いたから、ジュースを飲むのではなく、水やお茶を選択する習慣を身につけることが大切です!