その他

ケーキの糖質量は?ダイエット中にはチーズケーキがおすすめ!

ケーキの材料である砂糖や小麦粉のは糖質が多い食材なのでダイエット中「ケーキの糖質量が気になる」という方は多いのではないでしょうか。

できるだけ「糖質が低いケーキを選択したい」と思っていても、一体どの種類のケーキが糖質が低いのか気になりますよね!

そこで、ケーキの糖質量、ダイエット中におすすめのケーキの種類についてまとめてみました。

ケーキに含まれる糖質量一覧

ダイエット中であっても、「ケーキが食べたい!」「友達とカフェに行く予定があって自分だけなにも食べないわけにはいかない」というときがありますよね!

ケーキはお店によって大きさが異なるので、今回は100gあたりの糖質量を表にしました。

ケーキの糖質量一覧

種類糖質量
スポンジケーキ53.0g
ショートケーキ43.0g
ドーナツ59.0g
アップルパイ31.4g
ホットケーキ44.1g
ワッフル56.0g
タルト30.4g
ベイクドチーズケーキ23.1g
レアチーズケーキ22.1g

ケーキに糖質が多く含まれる原因は、主に「砂糖」と「小麦粉」です。

ですので、スポンジケーキは糖質が多いです。

一方、小麦粉の使用量が少ないチーズを使ったケーキが比較的糖質が低くなります。



糖質が低いだけではない!チーズケーキがダイエット中糖質制限中におすすめの理由

チーズケーキは小麦粉の使用量が少なく糖質が低いだけではなく、他にも嬉しいメリットがあります。

たんぱく質

乳製品のチーズには「たんぱく質」が含まれています。

たんぱく質は筋肉をつけるために欠かせない栄養素です。

筋肉は代謝に関わるので、たんぱく質を積極的に摂取することはダイエット中には重要です。

ビタミンB2

チーズに豊富なビタミンB2は、脂肪がエネルギーとして燃焼するサポートをしてくれるのでダイエットの効率をアップさせてくれます。

まとめ

一覧にするとチーズケーキが他のケーキより糖質が低いことがわかりましたね。

チーズケーキは他のケーキより糖質は控えめですが、たくさん食べて良いわけではありません。

食べる量には注意しましょう!

今回、糖質を低いケーキをご紹介しましたが、特別な日、リフレッシュしたいときには、好きなものを食べお食事を楽しんでくださいね。