簡単レシピ

バナナ豆乳グルトアイスレシピ 乳製品・砂糖不使用 簡単アイスレシピ

バナナ豆乳グルトアイスレシピ 乳製品・砂糖不使用 簡単アイスレシピ

砂糖なし、牛乳なし、生クリームなし。

バナナ豆乳グルトアイスレシピです。

 

砂糖不使用ですが、バナナの甘みだけで美味しく召し上がることができます。

 

材料はバナナと豆乳グルトの2つのみ!

とても簡単に作ることができます♪

「豆乳グルト」の原材料は豆乳100%。

牛乳ではなく、豆乳を「植物性乳酸菌」で発酵させてつくられた商品です。

マルサンアイ 豆乳グルト 400g×6パック VH

「植物性乳酸菌」は昔から日本人に馴染み深い味噌や醤油、漬物など発酵食品作りに使用されています。

 

豆乳グルトを使ったアイスなので、乳製品アレルギーの方にも食べていただけるアレルギー対応アイスクリームレシピです!

乳製品・砂糖不使用♪ナナ豆乳グルトアイスレシピ

材料

バナナ 2本 (熟して甘いもの)

豆乳グルト 150〜200g

冷凍保存可能なフリーザーバッグ

豆乳グルトとバナナのアイスの作り方

①冷凍可能なフリーザーバッグへ豆乳グルト、熟したバナナを入れる。

 

②フリーザーバッグの中の空気を抜き、もみもみしバナナと豆乳グルトを混ぜる。

 

③②を平にし、3〜4時間冷凍庫で凍らせる。

※途中冷凍庫から取り出し何度か揉むと食べやすくなります。

 

④冷凍から取り出し、もみもみしお皿に盛り付け出来上がりです。

 

バナナは、カリウムを多く含んでいます。

カリウムにはナトリウムを排泄する働きがあり、むくみや高血圧の予防に効果があります。

 

またバナナには、エネルギー源となる糖質だけでなく、ビタミンB6も比較的多く含まれています。

ビタミンB群は、炭水化物、たんぱく質、脂質の代謝を促進する働きがあります。

ビタミンB群の中でも、特にたんぱく質と関係性が深いビタミンが「ビタミンB6」。

 

摂取したたんぱく質は、アミノ酸に分解され、吸収された後、アミノ酸からカラダに必要な「たんぱく質」が合成されます。

そのたんぱく質の代謝に必要なビタミンが「ビタミンB6」なのです。

たんぱく質の代謝に必要なビタミンB6が不足すると、たんぱく質を摂取しても体内で効率よく利用できません。

 

ビタミンB6の補給にも最適なバナナはトレーニングなど運動時にぴったりですね。